愚者は経験から学ぶ?ポジポジ病を治そう!

愚者は経験から学ぶ?ポジポジ病を治そう!

「株はポジションを持たなければ儲からない?」

「株は、とにかく買わなきゃ儲からない。」

ポジポジ病とは、
現金で持っているのが『もったいない』ような錯覚になり、
全額を株に投資していないと気がすまない考え方。というか衝動。
しかしこの時点で、通算成績の負けは確定したようなものです。

宝くじも買わなければ、当せんすることはありませんよね。
同じく株もポジらなければ、儲かることはない。
確かに、その通りです。

しかし「儲けたい」気持ちだけで「株を買う」。
そんな状態で買った銘柄。
そのとき、その株を買った理由を、
「買ったタイミングから上昇するであろう理由を明確に出来ますか?」

愚者は経験から学ぶ?ポジポジ病を治そう!

株は「買うべきタイミングが来た時に買う」ものです。
どんな優良銘柄でも、それ以外ではエントリーしてはいけません。

そのための準備を常にしておくのが投資家です。
優良銘柄を探し、監視をし続け、タイミングを探る。
それでも100%はないから、予測が違った場合はロスカットをする。
ただ、「損切りが大事」だからといって損切りを繰り返していたら、資本はすぐに無くなります。

なので、ポジポジ病は直さねばならんのです。

愚者は経験から学ぶ?ポジポジ病を治そう!

株取引は「待ちのゲーム」です。
戦略ゲームは基本「待ち」が重要になります。株もしかりです。

待つことが出来ないポジポジ病は、
パチンコなどのギャンブル依存症に似ているのかもしれませんね。

取引自体が楽しいのはわかりますが、
目的は勝つことですので、勝つための取引を心がけたいものです。

格言を学ぼう!対ポジポジ病の格言一覧

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」
株取引では経験(損失)している場合でもないと思いますので笑
肝に銘じて取引したいですね。(^^)

  1. 運を待つは、死を待つに等し
    →「上がるまで待とう、損切りしたくないから」などの塩漬け、ギャンブルトレードは退場まっしぐらってことですね。運頼みになった銘柄が助かることはないと思ったほうが良いです。
  2. 売りは迅速、買いは悠然
    →買いは、押し目買いでタイミングを「待ってから」でリスク回避と値幅を取りに行くスタンスでオッケー。しかし、利益確定やロスカットは素早く。下げ足はものすごく速いです。自分のポジションに対して甘い考えにならないよう、また欲張らないように適当な場面で必ず離脱しておくことを推奨します。特に「含み益が泡となって消えるだけなら、まだマシ」と考えて売れない人は、結局含み損を抱えて、最後はロスカットとなるでしょう。
  3. 必ずしも市場にいる必要はない。
    →ずっとキャッシュでも良く、ただ勉強を続けてチャンスを伺う事の方が重要。常に株を持ち続ける事、売買し続ける意味は、ほぼありません。その前にやるべきことをやったほうが有益です。
  4. 風が吹けば桶屋が儲かる
    →常に新商品やニュースで、どの銘柄・どのテーマに影響があるのかをイメージする想像力です。この想像力があるだけで、たぶん勝ち続けられます。要するに勉強してチャンスを伺えれば負けないのが株。何も知らないで買えば負けるのが株です。

ボクもポジポジ病です。

株が好きすぎて、もうどうしようもありません。笑
なので自ら対策をうっています。

  1. 証券会社に全額を置かない。
    全力を絶対しません。自分の取引能力を信用していませんので。笑
  2. 証券会社を複数使い、別証券会社で同銘柄を買わない。
    株を買いにくくしています。
    そもそもすぐ買わなきゃと思う値動きの時は、たいてい「売り時」だったりします。笑
    持っていたら、逆に「売る勇気」を持つべきと考えます。
  3. 利益が出たら、銀行振込。即です。
    次の取引ロットを抑えるため、すぐに利益は証券会社から半分以上出金します。
    また本当のチャンスの時の準備金です。大暴落などのね。

究極は「株価は終値」。
誘惑の多いザラ場を見ないことです。

ただ、『ザラ場をみない事』=『勉強放棄』『現実逃避』『放置プレイ』とならないようにしなくてはいけません。

取引時間外にどれだけ勉強するかが、勝率を変えると信じています。
ポジポジ病は克服したいものです。(^_^;)