株式相場 2018年3月第二週まとめ

株式相場 の大方の予測はしておきます。
そうすることで、身を守れる可能性が高まります。(^^)
てことで、今週の地合から、来週の地合予測をしておきたいと思います。

株式相場 2018年3月第二週

日経平均 21181.64→21469.20 (+287.56)
マザーズ指数 1213.65→1209.68 (-3.97)
ドル円 105.707→106.793 (+1.086)
原油 61.45→62.12 (+0.67)

日経は21,000でPER的に割安水準。
3空叩き込み。
予定通りというか、買い向かうには怖いところが買い場になることが多く、
金曜日はリバウンドしました。
心配だったドル円も107円弱まで戻しています。
今週月曜からは、上昇が期待できる引けとなっています。

NY市場

(先週金曜)
▲ NYダウ 25,335.74 (+440.53)
▲ ナスダック7,560.81 (+132.86)

大幅上昇で終えています。
2月の指標発表(良かった)で大きく調整を開始しましたが、
3月の指標発表(良かった)で上昇を開始。
結果的に全体的なポジション調整といったような感じだったように考えます。
NYダウは調整らしい調整がなかったので、
株と同じで、以前より大方の予想通り、一時的な屈伸と言えると思います。

また北朝鮮問題にも動きがありました。
そのため、上げ幅にプラスアルファがあったようです。
しかし、この問題はまだ懐疑的に見ておいたほうが良いと思います。
(いままでも支援を受けた後は手のひらを返すのが北朝鮮のやり方ですので)
世の中平和になって欲しいものですけどね…。

それを踏まえてチャートを見てみます。

(NYダウ日足)

2018年3月第二週 株式相場 まとめ NYダウ日足です

大きく抜けてきました。
この形はトレンドが上になったと判断できそうです。
ただまだ、一気に上に行く形ではないため、
当分はもみ合い・・・と考えます。

(NYダウ週足)

2018年3月第二週 株式相場 まとめ NYダウ週足です

中期線で守られています。
短期線を超えるか超えないか…というイメージです。
よって、暫くはそのような動きになるのではと考えます。

週足からは、中期線を割りこんで来ない限り、
まだ上昇トレンドは継続、と考えておこうと思っています。

そこから、今週の相場をイメージして今週の相場取組に活かしたいと思います。

 

今週のイメージ

(日経平均週足)

2018年3月第二週 株式相場 まとめ 日経平均週足です

中期線で抵抗にあっていますが、
先週末のNYダウをみる限り、抜けてくる可能性もありますが、
上値は少し重いのかなとも思っています。
それでも大きめの上昇に期待し、22000-23000のレンジで終わると考えます。

(マザーズ指数週足)

2018年3月第二週 株式相場 まとめ マザーズ指数週足です

日経平均よりも、わかりやすいチャートです。
日経が大きく上昇した時に、また3月末の配当・優待・権利なども多いため、
新興に資金が回ってこないなどの懸念はありますが、
調整が終わって上昇を開始するとみています。

2018年3月第二週 株式相場 まとめ

チャートは嘘をつかず、色々織り込んできていると考えます。
その上で現状は基本的に上昇と考えますが、
まだ何が起こるか予断は許さないため、気を引き締めて取り組んでいきたいです。

来週もがんばりましょう!

本日も読んでいただいてありがとうございました!