4528 小野薬品工業

※ 20180208(木)に初稿を書きました。

20%位の値幅をポジショントレードで狙うレポート。
4528 小野薬品工業についてのレポートでやんす。(ΦωΦ)


■会社について
  1. 大阪に本拠を置く中堅の医療用製薬品メーカー。
  2. 大衆薬は扱っていない。
  3. 自社開発品の比率が高く、利益率の高さに特徴。
  4. 脂質・酵素阻害領域に加え、がん領域にも注力
  5. 国際展開を図っている。
  6. 「化合物オリエント」という開発思想を持つ。
  7. 独自路線を歩む。
  8. 免疫力を強める新しい抗がん剤「オプジーボ」。
  9. 柱のがん免疫薬は『ヤーボイ』との併用承認を申請
  10. 胃がんでの適応拡大承認も取得。
  11. スイス社と神経変性疾患領域における創薬で提携。
■投資家情報(四季報より)
  1. 【減益幅縮小】2018.2.8 現在
  2. 開発負担増え、前期訴訟和解金も消滅。
  3. がん免疫薬は薬価半減の影響打撃だが、適応拡大で数量は増勢。
  4. 海外ロイヤルティ伸長。減益幅縮む。
  5. 19年3月期はがん免疫薬数量続伸。ただ、薬価改定痛い。
■現状について————————
  1. 直近決算2月2日発表/第3四半期、経常利益:55,333百万円
  2. 対会社予想達成率: 96.2%
  3. 【メモ】
    本決算時の会社予測経常利益57,500百万に対し
    第3四半期の決算ですでに55,333百万円となっている。
    その上、最後の第4四半期の売上が最も大きい傾向がある。
    上記二点だけでも、
    今期本決算に対し、上方修正が出る可能性が高い。
    また、来期の会社からの業績予測発表にも期待できる。
    また、今までの会社の業績修正は「上方修正」が多く、
    基本的に未来予測に対し、
    「保守的な数値発表」する姿勢である事が伺える。
■会社の現状イメージ
  1. 減益幅縮む、とある。これについて。
    2017年は過去最高の営業利益になっている。
  2. 2018年の予測は凹んだ発表となっているが、
    すでに第三四半期の数字で「超えている」。
    →つまり、売上の伸長により、相殺されたとみる。
  3. 医療ニュースより、オプジーボとヤーボイの併用療法が
    無増悪生存期間の主要評価項目を達成。(IRより)
  4. 世界中のマーケットに使われ、
    高いロイヤリティは小野薬品の売上につながるとみる。
  5. 上記より、来期からも売上の伸長は続き、
    かつ、営業利益率の問題もないと判断できる。
財務状況
  • 時価総額 1兆5849億円
  • 発行済株式総数 543,341千株
    うち、浮動株数 9.4%(51,168千株)
  • 自己資本比率 87.1%
  • 有利子負債 7億9500万円
  • 営業CF +744億円
    投資CF -179億円
    財務CF -205億円
  • 【メモ】
    超優良企業。負債はほぼないといえる。
    フリーキャッシュは+450億。
    投資も返済も問題なさそうなCFに感じる。
    さらに売上構成は「利益率の高いロイヤリティ」のため
    売上が上がれば上がるだけ、
    利益がかなり上ってついてくる状態と考える。
    ただし、時価総額が高いため、
    株価が倍になるためには、
    3兆円企業とならなければならず、
    短期的には現実的ではないと考える。
    資産運用銘柄としては有能であると予測する。
    また、短期的には2〜2.25兆円は目指せると予測する。
    よって、現時点では、
    今までの数年間の開発期間(調整期間)が終わり
    これから見直し相場に入ることを期待し、
    中長期銘柄としても有望と考える。
  • 【時価総額順】
    1)武田薬品工業 4.7兆
    2)アステラス製薬 3.0兆
    3)中外製薬 2.9兆
    4)第一三共 2.7兆
    5)大塚HD 2.5兆
    6)塩野義製薬 1.8兆
    7)エーザイ 1.7兆
    8)小野薬品工業 1.5兆上位時価総額銘柄に対し、利益率の低い
    「大衆薬品を販売していない」ことが逆に、
    小野薬品の時価総額を上げる強みと成る
    可能性を感じる。

 

■追記
  • 調査後に出た、投資判断は下記。
    三菱UF
    中立→強気 2500→3300(2/9)
■業績着地予測
  1. 当期純利益予測(四季報)395億円
    ※一株益予測76.8円
    ⬇⬇⬇
  2. 2/2 上方修正による当期純利益の着地《予測》
    552億円(第4四半期売上偏重考慮せず)
    ※一株益予測101.5円に変化
  3. PER株価予測
    予想PER 36.88(四季報)
    (3)×(2) = 3,747円
    8掛け = 3,534円
  4. 節目になりそうなゾーン
    ・3,251付近
    ・3,251〜3,550迄 窓空き
  5. テクニカル
    (週足)
    MACD これから拡散開始の様子
    スローストキャス75-80 上昇中
    (月足)
    MACD 拡散上昇中
    スローストキャス75-80 上昇中
  6. 波動数値
    安値1波 2,185.0
    高値2波 2730.0
    安値3波 2,408.0
■株価ゾーン予測
  1. 3,747 – 予測株価100%
  2. 3,550 – 節目(3,251〜ここまで窓)
  3. 3,534 – 予測株価80%
  4. 3,498 – 波動2倍
  5. 3,289 – 波動1.618倍
  6. 3,225 – 波動1.5倍
  7. 3,251 – 節目
  8. 3,161 – 波動1.382倍
  9. 2,917 – 現在(2/9)
■予測からの行動
  • まずは2兆円の時価総額を目指すように思える。
  • 目標株価は3,700円
  • 直近では3,200円までは鉄板と思える
  • その先は窓が空いており、
    窓埋め3,700円は目指せると思う。
  • 売りポイントとしては半々で
    3,150前後/3,750円前後を目指してみたい。
  • ロスカットポイントは、
    日足13MAを割った値/2,800円以下
    の、どちから高い値の方を採用、設定する。